私流「カジュアルファッション」の極意

スーツのような、気を引き締めてくれるかっちりとしたファッションも良いですが、やはり気楽に楽しめるカジュアルファションが私の一番の好みです。

ラフなシャツやトレーナーにワイドめなジーンズ・・・、これが私の定番カジュアルファッション。

こういうスタイルをいかにも安っぽい衣料品店のアイテムでやってしまうと、野暮ったくてセンスの悪いカジュアルファッションになりがちなのですが、カジュアルファッションほどあえてハイブランドでキメてみるのが私流カジュアルファッションの極意です。

グレーのトレーナーは優秀アイテム

最近では、お気に入りのすごく着心地良いトレーナーがヘビロテアイテムとなっています。

色もグレーで、少し間違えるとスエットのような雰囲気なのですが、あえてスリムなブラックパンツとコーディネートすると、クラス感のあるカジュアルファッションに仕上がります。

カジュアル過ぎず、ちょっとした外出なら全く問題ない装いなので、お気に入りの組み合わせなんです。

グレーのトレーナーは、カーキ色のパンツやベージュ色のチノパンといった旬のアイテムとも相性が良いので、カジュアルファッションのワードローブのひとつに揃えておいて損はない優秀アイテムであると言えます。

「カジュアルファッション」の真の意味

話は変わりますが、先日、ふとしたきっかけで“カジュアルファッション”の意味について調べました。

すると、カジュアルファッションとは「着ている本人はもちろん見ている相手にも堅苦しくない雰囲気をもたらし、リラックスするためのファッション」という定義にたどり着き、何だか新しい発見のように感じました。

カジュアルファッションというと、これまでは「自分が着ていて楽で、心地良いもの」という認識しかなかったのですが、どうやらそれだけではなかったんですね。

本当の意味でのカジュアルファッションとは、「私だけでなく、私のファッションを見た相手にとっても心地良く感じられるもの」だったのです。

ここを意識しておくと、カジュアルファッションだからといって何でも許されるわけではないということがはっきりと分かりますよね。カジュアルファッションにおけるこうしたポイントは、意外に重要なのではないでしょうか。

「大人カジュアル」

最近では“大人カジュアル”というカテゴリが注目されるなど、カジュアルファッションもおしゃれの仲間入りを果たすようになってきましたね。

旬のカジュアルファッションとは、品良くまとめられたリラックスファッションのこと。

私はこれからも、カジュアルファッションの大ファンです。